【エアコンのトラブル、その原因は?】

9月 17th, 2008

三菱の平成13年式ミニキャブがエアコン不良で入庫しました。 お客様によると、エアコンが冷えなくて風量も極端に弱いとのこと。さっそく点検してみると 確かに効きが悪い、というよりエアコンのスイッチを入れてもエアコンコンプレッサーが作動 ている様子が見られなかった。 あれ?ベルトが外れている?

 車に使われているベルト類には、たるみがなく適度な張り具合を維持するために「ベルトテ ンショナー」という部品が使われています。 この車のベルトが外れていた原因は、ベルトテンショナーの不良が原因でした。 修理するには交換するしかなく、新品の部品を取寄せると、なんと新しいベルトテンショナ -は取付部分が改良されていました。交換でコンプレッサーの駆動は一見落着。念のため、室内のエバボレーターを点検してさら にビックリ!これでもかと汚れていて、これでは風量が少ないのに納得。

 この車の場合、エアコンフィルターが付属していないタイプなので、こまめに清掃をしないと 車の使い方によっては写真にあるようにつまってしまいます。 きれいに清掃してつまりもなくなり、風量は元気よく回復しました。 対策としては、まめに室内の清掃をすること。時々はエバボレーターの汚れ点検も大事で す。風量が弱いと感じたら、要チェック! 当店ではエアコンの点検も随時行っておりますので、お気軽にお立ち寄りください。